家庭用のマシンがあるんです!

キャビテーションって耳慣れないですが、この頃注目の痩身効果なんですって。
いままで、エステの広告で見かけて、新しいモノ好きの私は、なんだろうなと思っていました。
「特殊な泡効果で、脂肪を柔らかくするモノらしい」という情報得ました。

イメージでは、「ジェットバスのような感じで、体にマッサージ効果があるものかな」くらいに思っていたのですが、全く違いました。
低周波治療器のように、ジェルを塗って、器具を当てます。

脂肪に特殊な振動(キャビテーション)を与えることで、脂肪を柔らかくして燃焼させやすくするそうです。
より効果を上げるには、体を温めてから使うのがポイントのようです。
ラジオ波でポイントの温度を上げて使うことが効果的なので、エステでも、ラジオ波とのセットで使うことも多いようです。

なんと、そんな進んだ美容器具の、キャビテーションマシンですが、家庭用があるんですね。
筋肉を強制的に動かすEMSマシーンは、使っていいるうちに、腹筋がつりそうになったことがありますが、全く違う方法ですから、じんわり温まるうちに、脂肪が柔らかくなって、燃焼しやすくなるということなんですね。

家で、気軽にでいるなら魅力的ですね。
くつろぎタイムに合わせて、使ってキレイになれるなんていいですね。
でも、使い方が難しかったり、値段が高いなら庶民には高値の華です。
お値段を調べてみました。

美顔器として使用する、シェーバーサイズのものなら13000円ほどです。
意外に高くない!
次にもう少し、大きな体用は、40000円程度からでした。
効果が高ければ、エステの料金と手間を考えたら、意外といいかもしれませんね。

そして見つけた、210000円の商品。
その代わり、出力も高く、ラジオ波、バキューム、レーザー、EMSなど、えエステで受けてみたいメニューがほとんどできる高性能マシンです。
こんな商品が出回っているとは知りませんでしした。
分割払いで8750円づつの支払いのコースも用意されていました。

では、実際使っている人はどんな感想をもっているのでしょう。
実際、エステに通って、4、5回の施術で2~3センチ減のようですが、厳密にはキャビテーションそのものの効果には不安を感じている人も多いようです。

効果を期待するなら、家庭用よりは業務用のマシを使った方が良いという意見もありましたが、キャビテーションそのものの効果が、医療的な根拠が示されているわけではないので、家庭用が普及するかといったら、効果、安全性とも実証されてからかなと思います。

母親の自宅キャビテーション体験

美容に気遣い始めた母親が、ある日家庭用キャビテーションなるものを購入していました。
初めて見た時には何だこの道具はと驚きましたが、とりあえず美容のための道具という事は分かりました。

詳しい説明を聞くと、何やら脂肪細胞を破壊して部分痩せをするための道具なのだそうです。
部分痩せにはちょっと興味があったので、私も少しだけそのキャビテーションが気になり始めました。

高校時代のことなのですが、自転車ばかり扱いでいたため一時期足が
物凄く太くなってしまっていたことがあります。
最近は自転車に乗らないため多少細くはなりましたが、それでも気になる部分ではありました。

ただ、その後詳しい説明を聞いた後、脂肪の破壊というのが具体的に良く分からないので、少し調べてみることにしました。

難しい用語でよく分からない部分もありましたが、臨床実験で副作用も無く、内臓を傷つけることは無いようなので、少なくとも安全そうだということは分かりました。
リバウンドの心配もほとんどないようなので、目に見えるダイエット効果が見込めるようです。

とりあえず母親がキャビテーションを続けてみるようなので、私もしばらく様子を見てみることにしました。
基本的に母親のダイエットは長続きしないので、今回も途中で投げ出す可能性も十分にありました。

ただ、この方法であれば局所的にピンポイントで痩せる事が出来るし、運動も必要ないので母親でも続くかもしれません。
実際にどれほど目に見える効果があるかも気になりました。

母親のキャビテーションの様子を見ていて分かったのですが、どうやらいくつかのブロックに分けて少しずつ使っていく物のようです。

同じ部分を続けて使うと身体に良くないらしく、使用した部位は何日か休ませる必要があるようです。

そんな生活を二週間程続けた辺りで、母親は確かに痩せてきていることを実感しているようでした。

ただ、私は毎日見ているせいか見た目ですぐには分からなかったので、メジャーを持ってきて測ってみることにしました。
やり始める前にも一度測っていたので、その数値と今の数値を比べるわけです。

お腹周りや太もも、腕を測ってみたところ、確かに1~2センチほど減っていました。
人によって効果に個人差があるらしく、この結果がそれと比較してどうなのかは良く分かりませんが、全く運動もしてなくてこれであれば十分以上なのではと思います。

母親はこれからも気になった部位に使っていくようなので、私もそのうち自分の足やお腹周りに使ってみようと思っています。

家庭用キャビテーションは小型軽量がおススメです。

私はとにかく、若いころからの下半身でぶ。
上半身だけ見ていればそう大して太っているわけでもないのに、腰から下が太いんです。

もう、座っている時の写真と立っている時とは別人みたいな感じです。
太もも、ふくらはぎ、ヒップ周りがとくに太いですね。

いろいろ体操もやってみたけど、部分痩せって本当にむずかしいです。
そこで、友人に勧められてエステに行ってみました。

これも効果はあるけど、持続しないんですよね。
おまけにエステって本気で通おうと思ったらお金も10万円単位でかかるし。
厳しいです。

数回のコースで通っているうちにキャビテーションっていう機械を知りました。
やっているときは、あったまるなっていうだけなのに、後から計測してもらうときちんと細くなっている。
びっくりしました。

引き続きやりたいと思ったけど、キャビテーションの照射は高いです。
こっちの感覚としては、普通の足痩せエステくらいの値段でお願いしたかったんですけど。

でも調べたら、家庭用のキャビテーションってあるんですね。
これなら自分でやれるから、回数をこなせば金額的には元が取れそうです。

あとは、機能の問題なんだけど。
こればかりはやってみるしかないですよね。
買ったのは小型のキャビテーションです。

アマゾンでマメにチェックしていたら、専用ジェル付きで12万円台というのがあったので、即決。

自宅に届いた機械を見たら、本当に小さいんです。
しかも軽い。
この軽いというのが、けっこうなメリットでした。

これは後から使ってみて分かったことですが、家庭用のキャビテーションは、自分で機械を持ってぐるぐるとぜい肉の上で使わないといけません。
エステみたいに、ただ寝ていればいいってわけじゃないんですね。

そうなると機械の小型軽量というのは、けっこう大きなポイントですよ。

で、使ってみました。
まずはやりやすいところからと思って膝の上です。

ここについた肉って、ちょうど膝のお皿の上に乗っかるような形になって、見苦しいことこの上ないんです。
ですが、エステではなかなか落ちない部分ですね。
そこにキャビテーションを当てて、くるくる回します。
機械のサイズは、手のひらよりもちょっと大きいくらいです。

使っているうちに、だんだん温かくなってきます。
10分で電源が切れるので終了です。

大事なのはこの後、キャビテーションを当てた部分は柔らかくなっています。
そこでしっかり、リンパまサージです。
溶けた脂肪分を押し流すイメージですね。このあと、この脂肪分がなくなるように水分などをしっかり取るのはエステで勧められた方法です。自宅でもちゃんとやっておきました。

結果はですね。
見ただけで明らかに膝上のポッコリお肉が薄くなっていました。
10分ですよ。
家庭用キャビテーションでも効果があるなあという感じです。
エステと違って自分でケアしなくてはなりませんが、怠けずにやるということさえ頑張れば、ちゃんと結果は目に見えてきそうです。